2012/03/14

雇用介護プログラム 専門学校授業レポート

今月も学校の授業で勉強になったことが沢山ありましたが、特に勉強になった
ことはコミュニケーション技術という授業で学んだことです。

「利用者にとっては、介護者が介護実践のためにそばに寄ってくる瞬間から、
すでにコミュニケーションが始まっている」

今までの私は「利用者様に寄っていく瞬間からコミュニケーションが始まって
いる」とは思っていませんでしたので、今までの私の介護の現場での利用者様
に対してのコミュニケーションの取り方を振り返ってみましても、利用者様の
目の前に立ってから利用者様とのコミュニケーションを意識し始めていたこと
に気付きました。
良い人間関係を築く為には、第一印象がとても大事ですので、今回学んだこと
が自分ではできていなかったということを真摯に受け止めて新たに意識してい
かなくてはいけないと感じました。


来月から特別養護老人ホームと障がい者施設での施設実習がありますので、学
ぶ心を忘れずに頑張りたいと思います。


清水洋


��*****************************************

まごころ介護では、未経験者を介護の現場に定着させてきた実績が東京都に認められ、東京都の委託事業である介護雇用プログラムを実施しております。

介護雇用プログラムとは、東京都が介護資格を取る際にかかる費用を補助し、勤務として認めることで給料をもらいながら資格を取得できるプログラムです。

へルパー2級保持者には介護福祉士を取得するための専門学校、無資格者にはヘルパー2級を取得するための講座の受講費用と受講時間に対する給料が受講者に支払われます。

まごころ介護では、これからも介護雇用プログラムを活用した採用を積極的に行っていきたいと考えております。
興味のある方は、是非お問い合わせください。よろしくお願い致します。