2011/11/30

ぶり大根

イイヅカです。私の今回のまかないごはんは「ぶり大根」です!
大根の煮物が食べたいなーと思って、一番最初に思いついたぶり大根、レシピを見ずに選んだレシピは
すごく手間がかかっているものでして、少し省略しながらも作りましたので紹介します。

まずは、材料から。

材料(4人分)
・ぶりの頭、かま・・・・二分の1尾
・大根・・・・・・・・・1本
・下ゆで用のぬか・・・・適量→お米のとぎ汁を使用。
 (または米のとぎ汁)

煮汁
・水・・・・・10カップ
・酒・・・・・2カップ
・昆布・・・・適量→今回は省略。代わりにダシを入れてます。
・しょうが・・4~5枚(薄切り)

ぶりの味つけ用
・砂糖・・・・・・・大さじ3~5
・濃口しょうゆ・・・大さじ3
・たまりしょうゆ・・大さじ2→普通のしょう油を使用。

大根の味付け用
・みりん・・・・・・大さじ3
・淡口しょうゆ・・・大さじ1
・塩・・・・・・・・小さじ1

ホウレンソウ(ゆでる)・・・適量→今回省略。
ゆずの皮(せん切り)・・・・適量→同上

※ぶりの頭やかまには骨から出る特別なうまみがあるらしく、必要なものみたいです!が、今回は使っていません。

色々なものを省略したり、勝手に変えたりしていますが、おいしくできるのでしょうか。。
それでは作り方です!

��.大根を約2.5cm厚の輪切りにし、皮を内側の筋まで厚めにむき、面取りをする。隠し包丁を入れる。
buridaikon1.JPG

��.米のとぎ汁に大根を入れ、落しぶたをして堅めに下ゆでする。
buridaikon2.JPG


��.ぶりを適当な大きさに切り、沸騰したお湯に入れ、表面が白くなったらすぐ氷水につける。(氷がなかったので水にさらしました、、、、)

��.鍋にブリと煮汁の材料を入れ、煮立ったらあくを除いて10分煮る。大根を加えて15分ほど煮て、大根全部と煮汁の半量を別の鍋に移す。
buridaikon3.JPG

��.大根の鍋には大根の味付け用調味料を入れ、落しぶたをして煮詰める。

��.ぶりの鍋には、ぶりの味付け用調味料を3~4回に分けて加えながら煮る。

��.ぶりが煮汁から出てきたら落としぶたをして煮る。煮汁がなくなったら煮汁をかけながら照りが出るよう仕上げる。

完成!
buridaikon4.JPG

総評
��口コンロで別に煮るのはきつすぎでした!!時間がかかって仕方なかったです。
落としぶたをするアルミホイルはないわ、鍋が小さすぎるわ、なかなか大根しみこまないわ、時間はないわでてんやわんやでした。
味は、、、、ふつうです!笑 なんだか、ブリ煮と大根煮という感じで、別物を同じお皿にのっけているような感覚です。一流料理長が言っているんだから、これが本場なのですね!
たぶん、もっと時間をかけてやればおいしいんだと思います。
それから鍋の分量にあった分の量をつくるといいと思います。←当たり前
今回は、いくら時間がなくても、作る前にレシピ全部に目を通してから選ぼうということをよーく学びました。
別煮とは、本場のぶり大根を学んだと思います。
もう一回ちゃんと料理だけに集中できるときに作り直したいレシピでした!!

このレシピは、「一流料理長の和食宝典」のぶり大根を参考にさせていただきました。