2010/04/28

みなさん、はじめまして!

みなさん、はじめまして。まごころ介護の、松浦明子と申します。

今月より、まごころ介護のブログがスタートです!
今後とも、どうぞ、よろしくお願いします。

まず初めに自己紹介から。
私は、みんなから、『あっこ』や『あっこさん』『松浦さん』と呼ばれています。

明るく、好奇心旺盛な性格で、何でもやってみたいタイプです。

寒いのが大嫌いで、気候が寒いと、いつもぶぅぶぅ言っています。

趣味は、大学2年生の頃から始めた華道で、お稽古に行けたり、行けなかったりですが、細々と、今も続いています。

また、運動をするのが好きで、卓球、バトミントン、マラソン、水泳が得意です。でも、最近は少々おデブです。介護の仕事は、お腹がすいては動けないため、ついつい食べてしまうのです。
スカッシュも最近始めましたが、まだまだ上達していません。

また、海外旅行が大好きで、幼少の頃から今まで、約20ヶ国くらい旅をしました。
特に大学の時は、留学も含め年の半分は、海外で過ごしていました。
異文化に触れ、常に新たな物を発見する。そして、その土地の料理を食べ、現地の人々と触れ合い、拙い現地語でコミュニケーションをとり、心が通じ合ったときの感動は、何事にも変えられません。そして、非日常的な景色を眺め、黄昏るのが大好きです。
途上国も先進国も両方好きです。
ショッピングもまた、楽しみの一つです。帰路のスーツケースは、私が乗っても閉まらないほど、破裂しそうなくらいパンパンで帰ってきます。ただDFSでブランド物を買うよりも、地元のスーパーマーケットや、露店の市場に行くのが好きです。
そんな中、オランダ人は、誰にでも優しく親切で、困っていたら誰でも助ける国民でした。ホントに?と思われるかも知れませんが、本当に10人中10人全員が親切なくらい(100%の確率で。私も本当にびっくりしました。)、不親切な人や助けを求めても嫌な顔をする人は、だれ一人としていませんでした。ついつい、いつか、日本国民がそうなればいいなぁと思ってしまいました。

私が介護の仕事を始めたきっかけは、大学4年生時の就職活動の一環でした。まず、世の中にどのような仕事があるのかを知るために、アルバイトを始めようと考えた際、介護の仕事がその一つにあったのです。それは、先にアルバイトを始めていた親友がとても楽しそうに、また介護のアルバイトを通して日々有意義に生活をしていたのを見て、将来は実家にいるおじいちゃん、おばあちゃんの面倒を見たいと考えていた私は、その介護の仕事を経験すれば、何か役に立つものがあるのではないかと思い、始めたのがきっかけでした。

そして大学卒業後、この会社の立ち上げ現在に至りますが、若い人の力を糧に、日々前進しております。

介護の仕事は、とても奥が深く、やりがいがあります。海外協力も大学生の頃は興味がありましたが、今の日本で、今私たちにしかできないことも、たくさんあります。そんな介護の仕事を通しての感動や感激を、このブログで紹介できたらと思います。

今の私が思うことは、介護の仕事は、事業所、ヘルパー、利用者の三者がより良い関係を築き、ヘルパーが働きやすい環境で、利用者が利用しやすい環境で、そして事業所がより良いサービスを提供できたらなと考えています。そして、地域社会全体が、若い人がお年寄りなどの面倒をみるのが当然の社会となり、みんなが協力し合い、よりよい地域生活を送れる社会になることを夢見ています。