2012/05/25

雇用介護プログラム 専門学校レポート

この4月に進級し、新たに始まった授業の中に「生活支援技術Ⅲ」で調理実習があ
ります。
普通食や介護食など様々な形態の食事を栄養のバランスやカロリー計算をし、調理
の方法を教わりながら作っています。
自分自身、普段から料理はしますが自分の食事となるとやはり食べたい物、作りや
すさなどが優先となり、栄養のバランスを考慮した上でカロリー計算した献立を立
てる、までははなかなか出来ていません。しかし、食事というのは生きて行く上で
絶対的に必要なもの。口から摂取したものがすぐに自分のエネルギーとなり身体を
つくる。そう考えたらやはりバランス良く計算されたものに越したことはないので
す。
また、ご高齢の方や障害をお持ちの方で通常の形態で召し上がる事が出来ない場合
や疾病などを踏まえた上での工夫した調理方法などを学ぶことが出来ました。
介護職として、その方にあった食事を調理するだけでなく、美味しく楽しく召し上
がって頂ける様に関われるようにしたいと思います。

写真は
鯵の緑酢かけ
ミルク茶碗蒸し
トマトとアボカドサラダ
スポーツドリンクゼリー
5分粥
です。

mail.jpg

助川由紀

��********************************************

まごころ介護では、未経験者を介護の現場に定着させてきた実績が東京都に認められ、東京都の委託事業である介護雇用プログラムを実施しております。

介護雇用プログラムとは、東京都が介護資格を取る際にかかる費用を補助し、勤務として認めることで給料をもらいながら資格を取得できるプログラムです。

へルパー2級保持者には介護福祉士を取得するための専門学校、無資格者にはヘルパー2級を取得するための講座の受講費用と受講時間に対する給料が受講者に支払われます。

まごころ介護では、これからも介護雇用プログラムを活用した採用を積極的に行っていきたいと考えております。
興味のある方は、是非お問い合わせください。よろしくお願い致します。