2012/03/14

雇用介護プログラム 専門学校授業レポート

��月は前半に定期試験があり、後半は老人保健施設で実習がありました。

私が実習でお世話になっております老人保健施設は「自分自身の親にしてあげたいお世話 自分自身が利用したいサービス」をモットーにされていてスタッフの方々も大変感じが良く、丁寧にご指導していただきました。

介護の仕事をしていると、「時間内に仕事を終わらせること」や「自分の都合」を優先してしまい利用者様の気持ちへの意識が薄れるがちですが「自分自身の親にしてあげたいお世話 自分自身が利用したいサービス」をしっかりと意識しながら利用者様コミュニケーションをとったり、介助をさせていただき、利用者様が不快な思いをされていないかに意識を向けていかなければ いけないと思いました。
「自分自身の親にしてあげたいお世話 自分自身が利用したいサービス」というのは介護の仕事で悩んだ時に、どうすればいいのかの基準になるのではないかと思いました。
また、視野を広く持ち利用者様の心の変化に気付く事は介護の仕事の醍醐味だと思いました。


清水洋


��********************************************

まごころ介護では、未経験者を介護の現場に定着させてきた実績が東京都に認められ、東京都の委託事業である介護雇用プログラムを実施しております。

介護雇用プログラムとは、東京都が介護資格を取る際にかかる費用を補助し、勤務として認めることで給料をもらいながら資格を取得できるプログラムです。

へルパー2級保持者には介護福祉士を取得するための専門学校、無資格者にはヘルパー2級を取得するための講座の受講費用と受講時間に対する給料が受講者に支払われます。

まごころ介護では、これからも介護雇用プログラムを活用した採用を積極的に行っていきたいと考えております。
興味のある方は、是非お問い合わせください。よろしくお願い致します。