2011/06/01

うどん

��月の実家は、第二次うどんブームですひらめき

群馬県産(父が作った小麦)の地粉を使い、水と塩を混ぜ、それを踏み少々寝かせ、ローラーで伸ばして『うどん』にしまするんるん

DSC01555.JPG


きっかけは、予定日を過ぎても全然陣痛がこなかったので、日々のお散歩の他にうどんを踏み踏みしていたら、赤ちゃんの頭が下がり陣痛がくるかなぁ~と思い始めたことがきっかけでしたいい気分(温泉)
お腹が大きかったので、粉を混ぜそれを踏み踏みするところまでは、今まで以上の体重増加もありスムーズに進んだのですが、ローラーで伸ばす作業は・・・・ちょっと・・・がく〜(落胆した顔)
どうも大きく出っ張ったお腹がつっかえてしまうのですふらふら

そこで、SOSひらめきうどん作りのプロ祖母へとバトンタッチぴかぴか(新しい)

DSC01559.JPG

さすが、プロです手(チョキ)手捌きが、早い早いexclamation×2


DSC01560.JPG


祖父母の世代では、頻繁に家族でうどん作りをしたそうですかわいい

最近では、第一次うどんブーム(私が小・中学生の頃)以来、父がうどん作りにはまっています演劇るんるん

粉から手作りのうどんは、やっぱり美味しい~わーい(嬉しい顔)


去年まごころ介護では、みんな協力のもと一本の竹の伐採から流す台を作り、器も作り、それを使い、無事に流しうどんができましたぴかぴか(新しい)

今年は、うどん作りからみんなで是非できたら、楽しいだろうなぁぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)