2011/10/20

カチャトーラ

今回は骨付き鶏肉を煮るカチャトーラを作ってみることにしました。
僕自身作ったことも食べたこともありませんし、日常の会話には全く出てこない料理です。


材料


CIMG0541.JPG

骨付き鶏肉  1kg
ローズマリー  1枝分
唐辛子     2本
ニンニク    3片
オリーブ    15個ほど
赤ワインビネガー  100cc
白ワイン      250cc
水         800cc
塩、強力粉、コショウ、サラダ油  適宜



①骨付き鶏肉は骨を切って断面を出したり、骨をたたくとだしがよりでるそうです。今回は手羽先を使った ので包丁でたたきました。
 その後塩大さじ1を振って、強力粉をまぶします。


CIMG0542.JPG


②フライパンにサラダ油100ccとニンニクを入れて温めます。
 温まったら鶏肉、ローズマリー、唐辛子を入れて強火で焼きつけます。



CIMG0545.JPG


③焼きめがついたら鍋に焼いた油30ccとともにうつし強火にかけます。
 赤ワインビネガーを入れて4分の1まで煮詰め、さらに白ワインを入れて4分の1まで煮詰めます。


CIMG0546.JPG


④鶏肉がかぶるぐらいの水を入れてローズマリー、オリーブ、塩小さじ3分の1を入れます。
 沸騰したら弱火に落とし、落としぶたをして30~40分ぐらい煮込んで完成です。


CIMG0550.JPG



総評
酸味とだしが効いたやわらかい鶏スープになりました。本物は違うのかなという出来になりました。


鶏肉にもう少し焼きがめついたら良かったかなと思いました。
長時間煮込んだので当たり前にやわらかいです。

酸味や苦みもあるので煮込む前の飛ばし具合で変るんだろうなと感じました。

しっかり出来ればはおいしい料理だと思うのでまた挑戦してみます。

骨が一番おいしかったのでもっと叩いたらいいだしが出たんでしょうね。



レシピはマガジンハウス「ちゃんと作れるイタリアン」の90~91ページを参考にさせていただきました。榎本さんと同じ本でした。