2011/10/04

東日本大震災復興支援プロジェクト@まごころ介護

こんばんは。エノです。
段々、秋めいてきましたね。
馬肥ゆる秋・・・。気を付けたいです。

話は一気に飛びますが、震災が起こってから、「被災地の人たちのために自分ができることはなんだろうか?会社ができることはなんだろうか?」とずーっと考えていました。

その後、ニュース等で被災地の状況が報道され始め、失業者が溢れていること、要介護者の中には十分な介護を受けれない状況にある人がいることを知り、「いつか、まごころ介護で被災によって失業している人や要介護の人を受け入れて生活を再建するお手伝いがしたい。」と思っていましたが、結局は日々の業務に追われ何もできないでいました。

またまた話は飛んで、9月中旬。
利用者の福田さんが被災された親戚に会いに福島に行かれるということで、「気を付けて行ってきてくださいね~。」と挨拶に行った時のこと。

「福田さんは車いす乗ってるのにそんな所まで行ってしまうなんて、本当にいい度胸してますよね~。」とコーヒーを頂きながら話をしていた時に、福田さんが急に「被災している障がい者で、こっちに来たいっていう人がいたら連れてきたいと思っているんだよね。そういう人らの介護も頼めるの?」と聞いてきてくださいました。

僕も本当にビックリしてしまって「え゛~!!それ、僕もやりたかったんですよ!!会社で被災して失業している人や要介護の人を受け入れとかやりたいと思っていたんですよ!!」と興奮して答え、それから僕が会社として被災による失業者の受け入れもやりたいことや、福田さんが被災した障がい者の体験を東京で暮らす障がい者が学べるようにしたいと考えていることの話をしました。

話はとんとん拍子で進み、会社として被災した失業者と要介護者を受け入れること、募集のチラシを福田さんに、チラシを福島の復興支援センター、役所、ハローワークなどに配ってきて頂くことが決まり、10月下旬に本当に500枚ものチラシを配ってきて頂いてしまいました。

とりあえずしばらくは、反響があるのかどうかを見守りたいと思います。
ドキドキです。

僕らは、いつも利用してくださる方にお叱りを受けながら仕事をしているようなプロの端くれでしかないのですが、それでも、この仕事をどんな人でも幸せな日常を送れるようにするためにしていて、端くれでも利用してくださる人の心を支えることも含めて日常生活を支えるプロなわけですから、その意地、プライドにかけて、僕らを頼って来てくれた人の生活を再建してみせたいです。

今回、チラシを配ってきて下さった福田さん、菊池君、本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!
福島の復興支援センター、役所、ハローワークなどで対応してくださった皆様、大変な中でも丁寧な対応をして頂いたという報告を聞いております。本当にありがとうございました!


10月15日のゆるゆるとーくせっしょんというイベントで福田さんが福島を回った際の報告が聞けると思います。ぜひ参加してみてください!
詳細は→http://blog.magokoro-kaigo.net/article/227107857.html
僕も参加予定です!よろしくお願いします。

以下は今回配ったチラシの内容です。

*********************
まごころ介護 東日本大震災復興支援プロジェクト(求職者向け)

まごころ介護で働いてみませんか?

この度は、震災に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
まごころ介護では震災被害を受けた方々の生活の再建のお役に立ちたいと思い、要介護者と就労希望者の受け入れのプロジェクトを計画させて頂きました。
どんなお問い合わせでも遠慮なく、お問い合わせ下さい。ご連絡をお待ちしております。

まごころ介護とは?
まごころ介護は東京都世田谷区で高齢者、難病患者、障がいをお持ちの方がご自宅で元気に楽しく生活するための事業を行っている訪問介護事業所です。
現在、社員は5名、アルバイトは10名、利用している方は15名のまだまだ小さな会社です。
スタッフは20代が中心で、元気に楽しく介護の仕事をしています。
会社やスタッフの面々の雰囲気などは下記のスタッフブログをご覧いただくと分かりやすいかと思います。
・スタッフブログ:http://blog.magokoro-kaigo.net/
・公式サイト:http://www.magokoro-kaigo.net/index.html

趣旨
・失業状態の被災された方を一時的に世田谷区に受け入れ、まごころ介護で勤務して頂きたいと考えております。
それにより、経済的側面から被災者本人やその親族等の生活の再建に貢献させて頂きたいです。
・被災された方の体験、教訓から学ばせて頂き、東京が被災した際のまごころ介護での災害対策、災害発生時の対応を策定し、世田谷区の要介護者へ災害対策、災害発生時の対応の情報を提供していきたいと考えております。


応募条件
・プロジェクトの趣旨を理解し、賛同して頂ける方
・20代の元気で健康な男女
・2年間以上、世田谷区に転入して働ける方
・資格、経験等不問

待遇
雇用形態:アルバイト(やる気と実力で正社員登用します!)
時 給:1200円~1800円(試用期間1000円)
勤務地:世田谷区全域
仕事内容:高齢者、障害者、難病患者へのホームヘルプサービス
応募から受け入れまでの流れ
1. メールかお電話で、まごころ介護(担当:榎本)に応募、問い合わせして頂きます。
2. 面接・面談を行います。(日時、場所は応募状況によって決定します。現地で行う予定です。)
3. 採用を決定し、アパート探し、生活保護申請、介護資格取得等の準備をします。(準備はお手伝いします!)
4. 転入し、ヘルパー2級を取得した後に、勤務を開始します。(その後も、スタッフ達がサポートします!)

お問い合わせ・連絡先
まごころ介護 復興支援プロジェクト責任者:榎本
〒154-0021 東京都世田谷区豪徳寺1-41-3-213
営業時間:平日9:00~18:00(祝日を除く)
TEL:03-5450-0556 FAX:03-6314-1708
メール:mail@magokoro-kaigo.net

**************************

まごころ介護 東日本大震災復興支援プロジェクト(要介護者向け)

世田谷で暮らしませんか?

この度は、震災に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
この度、まごころ介護では震災被害を受けた方々の生活の再建のお役に立ちたいと思い、要介護者と就労希望者の受け入れのプロジェクトを計画させて頂きました。
どんなお問い合わせでも遠慮なく、お問い合わせ下さい。ご連絡をお待ちしております。

まごころ介護とは?
まごころ介護は東京都世田谷区で高齢者、難病患者、障がいをお持ちの方がご自宅で元気に楽しく生活するための事業を行っている訪問介護事業所です。
現在、社員は5名、アルバイトは10名、利用している方は15名のまだまだ小さな会社です。
スタッフは20代が中心で、元気に楽しく介護の仕事をしています。
会社やスタッフの面々の雰囲気などは下記のスタッフブログをご覧いただくと分かりやすいかと思います。
・スタッフブログ:http://blog.magokoro-kaigo.net/
・公式サイト:http://www.magokoro-kaigo.net/index.html

趣旨
・被災地で暮らす介護が必要な方を一時的に世田谷区に受け入れ、まごころ介護で介護サービスの提供を提供させて頂く。
介護が必要な方が満足な介護を受けられる生活を再び送れるように支えさせて頂くと同時に、被災地の介護負担を軽減に結び付けたいと考えております。
・被災された方の体験、教訓から学ばせて頂き、東京が被災した際のまごころ介護での災害対策、災害発生時の対応を策定し、世田谷区の要介護者へ災害対策、災害発生時の対応の情報を提供していきたいと考えております。


応募条件
・プロジェクトの趣旨を理解し、賛同して頂ける方
・介護保険、自立支援法の要介護認定を受けている方、もしくはそれらに相応する要介護状態にある方
・世田谷区に転入して、まごころ介護のホームヘルプサービスを利用して下さる方

応募から受け入れまでの流れ
1. メールかお電話で、まごころ介護(担当:榎本)に応募、問い合わせして頂きます。
2. 面接・面談を行います。(日時、場所は応募状況によって決定します。現地で行う予定です。)
3. 受け入れの決定。アパート探し、生活保護申請、介護受給資格等の準備をします。(準備はお手伝いします!)
4. 転入し、サービスを提供させて頂きます。(転入の後も、スタッフ達がサポートします!)

お問い合わせ・連絡先
まごころ介護 復興支援プロジェクト責任者:榎本
〒154-0021 東京都世田谷区豪徳寺1-41-3-213
営業時間:平日9:00~18:00(祝日を除く)
TEL:03-5450-0556 FAX:03-6314-1708
メール:mail@magokoro-kaigo.net

*********************