2013/10/27

介護離職

こんにちは。まごころ介護の榎本です。
今日はとても天気が良く、気持ちがいいですね。

今日は先日のクローズアップ現代で取り上げられていた介護離職についての放送が、これからの日本の社会が抱えるであろう問題を分かりやすくまとめられていたのでご紹介させて頂きたいと思います。(リンクを張っているだけですが、_(._.)_)

働き盛りの世代が親の介護を理由に離職、休職することが、少しづつ多くなり始めているということです。
URLの内容を見ていただければ、ご理解頂けると思いますが、介護が必要な人の受け皿が十分でなかったり、足らなかったり、軽介護度の単価の設定が低いために介護事業者が対応すると赤字が出てしまう状況は、どう考えても今の福祉の多くを担っている営利事業者が解決できるレベルの問題でなく、行政による単価設定の改正等の政策的誘導が必要だと感じています。

という、そんな中でもニュースでは軽介護度のお年寄りの切り捨てや利用者の費用負担増の方向に動く方向性が見られるので心配です。

まごころ介護でも出来る限りのことをしていきたいと思いますが、深刻な事態になる前に政策的なアプローチを期待したいです。