2013/12/18

同行して感じたこと(教える側・教わる側)

こんにちは。秋元です。
今日は、同行して感じたことや気づいたことを、教える側・教わる側の両方から書いていこうと思います。

新しい利用者さんのお宅へ行く機会があり、先輩に同行してもらっているのですが、同じ利用者さんでもケアの内容や順番が様々である事に気づきました。
一人の人だけに同行してもらうのではなく、数人に同行してもらうと、それぞれの真似したい部分が見れるので、そこを自分なりに変えていくのが大切だと思いました。
数人に同行してもらうと覚えることは沢山ですが、様々な場面で対応できる事が増えて良いと思います。

教える側は、実は教わる事がとても多く、同行する度に自分自身とても勉強になっています。
また、今までやってきた自分の介助の再確認だったり、こうするもっといいのか!と思うことがとても多いです。

何年、何十年と介護で働いていても、教わる側・教える側を経験するのは良いことだなぁと思いました。