2014/09/22

水の中の事

すずしくなりましたねー。みなさまいかがおすごしでしょうか?二回目のブログをかかせていただいています。松本いずみです。

すずしくなってから言うのもなんなんですが、今回は水の中の事についてかきたいと思います。
私はプ―ルでずっと仕事をしていました。私自身も泳ぐことが大好きで、水に入らないと体調が悪くなってしまいます。そこで、水の中に入ると体にどのようなすばらしい効果があるのかを発表します。

まず・・・水泳とは、全身的なスポーツであるだけでなく、脚、腰などに余計な負担がかからないなどの理由から、幼児や高齢者、身体に障害がある方まで、生涯を通して楽しむ事ができるスポーツなのです!!!
もうちょっとくわしくいってみたいと思います。

水中運動の利点
1、深さのある水に入ることによって、身体は浮力の影響をうけ、体重を軽減させる。これにより、肥満者や足首、膝、腰に障害のある人でも重力の影響をあまりうけずに運動できる。

2、水中では空気中より、あらゆる方向に四肢を動かすのに大きな抵抗を受け、大きなエネルギー消費をもたらす。筋肉アップにもなる。

3、呼吸中の胸壁や腹壁へ水圧が作用し、呼吸に対して抵抗するので、とくに肺活量が減少したり衰弱した高齢者によい効果をもたらす。

4、温水は筋肉の緊張をゆるめ、痛みを軽減し、ストレッチ効果を高める。また、皮膚温を高め、血管をひろげ血液循環を促進する。

5、高齢者、障害者、病後で陸上ではまだ運動できない人達に、運動の機会を提供して日常生活への自信を高める。


そんなわけで、水の中に入るとすっごく体にいいんです。
皆さん、スポーツの秋ですね!秋でも冬でもどんどんプールに入ってみて下さい!!!