2014/10/20

朝霧ジャム

こんにちは!
度々登場まごころ介護の中村です!

最近急に寒くなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は先週末、お休みを頂き(最近このフレーズ乱用し過ぎている気がします・・・汗)朝霧ジャムという音楽のイベントに行ってまいりました!

朝霧ジャムというのは毎年2日間にわたり朝霧高原という富士山の麓のキャンプ場で行われているそれはそれはピースフルでナイスな催しです。

毎年出演アーティストは違えど、主催者が選んだ有名無名問わずかっくいいいい!!個性的なミュージシャンたちが集まります。

私はあまり音楽詳しくないのですが「新しい音楽に出会うぞーーー!」っという気持ちで参加しております。

音楽以外にも朝霧ジャムでは常にそこここで楽しいイベントが開かれ、時間が足りない!!という感じなのですが、中でも私の大好きな催しは・・・


ラジオ体操!!

いやあこれは本当に意外ですがとっても楽しいのです。

2日目の朝、

赤ちゃんを連れた家族や

前日のお酒が残った眠気眼のお兄さんや

すっぴんのお姉さんや

朝から元気な子供たちが

だだっぴろい原っぱでしっかりラジオ体操ですよ。

その光景に笑いが止まらずみんな笑顔。

ラジオ体操が終わると牛乳の無料配布なんかもあったりして楽しさ倍増!

選りすぐりのミュージシャンたちの演奏も楽しくって最高なのですが、

聞き慣れたピアノのリズムに合わせて朝一番、身体をしっかり動かすというのはとても気持ちがいいものです。


さて、このお仕事を始めてからというもの、どこに行ってもふと気になるのが車いすが走行可能かどうかということ。
もし不可能な場合、どうしたら可能になるのかを私なりに考えてみています。
もちろん車いすが行けたからと言って乗っている本人が大丈夫じゃなければどうしようもないのですが。

舗装されていない道ばかりなので「車いすは難しいかなあ」と考えていたのですがいました・・・!

車いすに乗っている強者!

話しかけたい衝動に駆られましたがそんな理由で話しかけられていたら相手方の時間がいくらあっても足りなくなってしまうだろうなぁと控えておきましたが、
帰ってきてからも気になっております。

話しかけておけばよかったー!

朝霧ジャムの場合、キャンプ場自体は舗装されておらず、急こう配な坂なんかもあったりして車いすは一見難しいように見えるのですが、私は閃きました!

人がいっぱいいるではないか!

と。

あれ?ちょっと現実的ではない?!

でも、本当に思ったのです。
助けてもらったらいいんです。
アウトドア好きそうな屈強男性がたくさん来ているイベント、腕のみせどころ、みんなで持てば重くない!
厚かましい・・・などと思う方もいるかもしれませんが青空の下、みんなで楽しい音楽を聴けばそんなマイナスな気持ち、飛んでいくこと間違いなし!
そしてそして何より、助けてもっらたことをきっかけに友達が増えるかも!

トイレは少し不便かもしれませんが工夫をすればどうにかなります、これはどこでも一緒ですね。
お風呂はみんな入りません!笑
寝床はテントでみんなでごろごろ。

あれ?これ車いすの方も行けるんじゃないでしょうか?
と考えると、今回の朝霧ジャム、私が見かけたのは1人だけ。なんだか少ないですね。
車いすの方々、私の計算だと朝霧ジャムは参加可能になりましたよ~!

来年の朝霧ジャムにはたくさんの車いすの方が来ていることを想像しながら、、、今日はこのへんで失礼しまーす。

今回は車いすに注目してみましたがどんな障がいがあってもなくても 空の下、みんなで聴く音楽は最高に気持ちがいいです。
機会があれば是非外に飛び出して何も考えず音楽でも聴いてリラックスしましょうー!
またまたまとまりのない乱文になってしまいましたがまごころ介護の中村がお送りしました~^^